MENU

多世帯同居

3・4階で多世帯同居。
心地いい同居のポイントは、
それぞれが心地いい間取りです。

通し柱がいらないから、柱の位置が動かせる。
だから、親・子のフロアごとの間取りが自由。
みんなうれしいフレキシブル3・4階。

一般的な3階建て・4階建て

フレキシブルβシステムの
3階建て・4階建て



各階自由設計どちらかの世帯が我慢するより、
どちらも満足な間取りの住まい。

親世帯・子世帯それぞれの夢に、 通し柱のいらないフレキシブルな設計力で、お互いに心地よい同居を実現しませんか。

高遮音床システム「SHAIDD」親世帯も子世帯も
気兼ねなく暮らせる住まい。

一般的な住宅の床と比べて、上階の音を約1/2に抑える「SHAIDD55」と約1/3に抑える「SHAIDD50」を用意。高い遮音性で、下階も快適に過ごせます。

メーターモジュール廊下や階段が歩きやすいゆとり設計。
その理由は、基本寸法より10%も広い「メーターモジュール」

一般的な尺モジュール
積水ハウスのメーターモジュール

住む人が多い多世帯は、廊下や階段のすれ違いも多いもの。毎日のことだから、少しの幅の余裕が、気持ちの余裕にもつながります。