COLUMN

ジョンと学ぼう!ジョンと学ぼう!

ジョンと学ぼう!vol. 01

快適な家で暮らすために
必要な「断熱性能」とは?

ジョンだじょん。

こんにちは!
僕はジョン。ご主人と一緒にイズロイエの家に住んでいるんだ。
我が家は夏でも冬でもいつも快適で過ごしやすいけど、それにはどうやら「ダンネツセイノウ」というのが大切みたい。いったいどういうことなのか、僕と一緒に学んでみよう。

冬は暖房をつけていても足元が冷えるし、夏は部屋全体が冷えずに暑い…。
季節によって温度が変化する家は快適な住まいとは言えません。
1年中快適に暮らすためのポイント「断熱性能」についてご紹介します。

断熱性能を高めるには家の壁や天井、床の各部位に適切な断熱材を施すことが重要です。断熱性能に優れた家は、室内の温度ムラが少なく、冬暖かく、夏涼しい快適な室内環境をつくります。
また外気の影響を受けにくく空調をコントロールしやすくなり、家計と環境にやさしい「暮らしのエネルギー削減」につながります。

快適でここちよい住まいには気候風土に配慮した対策がとても重要です。ただし、断熱性能はただ高ければ良いものではなく、バランスよく適材適所に断熱を施すことがポイントです。

家族が健康で、安心な暮らしを送るために。

ジョンだじょん。

僕は窓際でのんびりするのが好きなんだけど、前の家では、冬の窓の近くはとても寒かったんだ。でも今のおうちに来てからは寒くなくなったのはどうしてかな?

冬の暖房時には、なんと48%の熱が窓から逃げ出しているというデータがあります。
また、室内の暖かい空気が冷たい窓に触れると、空気が冷えて結露が発生してしまいます。
窓の断熱性能を高めれば、冬の室内はとても暖かく快適になるとともに、結露対策にもなるのです。
結露は、カビが発生したり金属がさびたりする原因にもなるため、衛生面も心配。高性能の複層ガラスやアルミ樹脂系サッシを導入し、断熱性能を高めると、衛生的で快適なお部屋作りにつながります。

ジョンだじょん。

へぇー、なるほど!
みんなが過ごしやすくするポイントが「ダンネツセイノウ」なんだね。