縁の家

日本が宿る、住まい。

住まいへの繊細な美意識や自然観といった
日本人の感性を現代へ受け継ぐ、新しい「和の邸宅」です。

三和土(たたき)ごしに見る庭との距離感が心地よい和室。
建物と庭との関係を考えることで、自然の中にいるような心地いい空間をつくります。

深い軒先がつくりだす軒下の空間が庭を巡ります。
自然と人、建物との関係への考慮が設計に生かされています。

緩やかな仕切りかたで「間」を使いわける日本の住まい。
可変的で合理的ながらも、互いの気配が感じられることを大切にしています。

緩やかな勾配といぶし瓦が、優雅な切妻屋根。
環境や街との親密さを作り出す"和"の精神を受け継いだデザインです。

縁の家についてもっと詳しく知りたい方へ。

「和のかたち」だけでなく、「日本のこころ」を受け継いだ新しい和の邸宅「縁の家(ゆかりのいえ)」。
「自然との縁」「人との縁」そして「街との縁」を軸にしながら、その魅力をご紹介するカタログです。