SHAWOOD TECHNOLOGY

木造軸組で唯一の構法

木造軸組で唯一の構法

シャーウッドの空間クオリティを支える、ものづくりの姿勢

  • 木質感 1
  • 木質感 2
  • 木質感 3
  • 木質感 4

“日本の、いちばん暮らしやすい木の家”を目指す、シャーウッドの空間クオリティを支えるもの。それは、日本が持つ、独自の美意識によって育まれてきた、ものづくりへの強い思いです。
長く愛され、使い続けられる“もの”とは、ただ単に見た目のデザインが良いだけではなく、長く使える“丈夫さ”や“使いやすさ”などの機能性、“使いごこちの良さ”など、製品として魅力的な「いいもの」、「クオリティ」があるもの。そこには、高いパフォーマンスを生み出すための細やかなディテールと、それを実現する厳しいものづくりの姿勢があります。
そして、家も、ものづくり。木や土という自然の素材を扱いながら、高い機能を求め、精緻に、丁寧に住まいに形づくる。余分なものを削ぎ落とし、深化してきた、シャーウッドの技術です。

ONLY1の構法

「なぜ、シャーウッドは強いのか?」

シャーウッドの強さの理由。それは木造軸組構法で唯一「性能規定」の運用で「型式認定」を取得している構法だから。国によって「構造・温熱(省エネ)・防火等」も認められた総合力で業界をリードする木の住まいなのです。

開発者が語る、シャーウッドテクノロジー
「性能規定と型式認定」

開発者が語る、シャーウッドテクノロジー
「性能規定と型式認定」

シャーウッド構法は、過去の大震災でほとんど被害を受けなかった当初の鉄骨住宅をもとに開発されました。その最大の強さの秘密は、確かな強度が計算できる集成材を独自の構造用金物で緊結する「MJ(メタルジョイント)接合システム」と、基礎と柱を直接つなぐ「基礎ダイレクトジョイント」。接合部の強度不足という木の住まいの弱点を克服し、巨大地震による地震波の全方向からの力に対応する技術です。さらに高い耐震性を実現するために基礎・接合部・壁・床・屋根それぞれにオリジナル技術を施し、設計の自由度を追求しつつ、高強度を極めた“進化する木造住宅”なのです。その強度は実大振動実験により実証。震度7相当の繰り返しの揺れでも、建物・室内に大きな損傷はなく、高強度であることが確認されました。

MJ接合システム

MJ接合システム

基礎ダイレクトジョイント

基礎ダイレクトジョイント