SHAWOOD TECHNOLOGY

木の住まいならではのインテリア

木の住まいならではのインテリア

室内にいながら、樹々の下にいるような心地良さを感じる住まいのために、シャーウッドでは木の質感がより楽しめる空間づくりをご提案しています。
構造材である柱や梁をそのまま見せる「あらわし仕上げ」は、木の素材感を満喫でき、心癒やされる空間に。柱や梁のあらわし方で、さまざまな表情が空間に生まれます。
より木の質感を求める方には、天井や壁、床に木を貼る仕上げをおすすめしています。室内にいるだけで、木の温もりに包まれるような暮らしが楽しめます。

  • 木質感 1
  • 木質感 2
  • 木質感 3
  • 木質感 4
  • 木質感 5
  • 木質感 6

木を多く用いた空間の効果が研究でも実証されました。

【子どもの抗疲労研究の取組みでウッドデザイン賞を受賞】積水ハウスと大阪市立大学医学部は、2009年にスローリビングなど「抗疲労空間」の共同研究を開始。2014年には子どもたちが参加する実験を行いました。実験では木質内装空間と非木質空間を用意し、各空間で子どもたちの疲労度を計測。その結果、認知機能や自律神経機能に影響が見られ、木を多く用いた空間では「抗疲労効果」が高まることが医学的に実証されました。

木質内装空間(上左)と非木質内装空間(上右)で作業する子どもたち

木質内装空間(上左)と非木質内装空間(上右)で作業する子どもたち

木の家らしい“あらわし仕上げ”が温もりのあるインテリアに。

木の家らしい“あらわし仕上げ”が温もりのあるインテリアに。

シャーウッドでは、室内に梁や柱などの構造材をそのままあらわすインテリア手法「ウッディスケルトン」を採用しています。おおらかで力強い構造材をあえて見せることで、自然素材の温かみやダイナミックさ、包容力を感じる室内に。木造住宅シャーウッドだからできる、木の家に暮らすよろこびにあふれる贅沢な空間です。さらに伸びやかな吹き抜けの広がりや、大きな開口からの光によってゆたかな表情に満ちた上質な木の暮らしを叶えます。

開発者が語る、シャーウッドテクノロジー
「木造住宅の魅力」

開発者が語る、シャーウッドテクノロジー
「木造住宅の魅力」