今回のゲストは、その美しい音楽や世界を旅してつくった映像作品により、20代の頃から国内外で注目されてきたアーティスト・高木正勝さん。細田守監督のアニメーション映画では、2012年の「おおかみこどもの雨と雪」を皮切りに「バケモノの子」(2015年)、「未来のミライ」(2018年)と、3作続けてサウンドトラックを手がけており、その詩情豊かで瑞々しいサウンドは、数多くの映像作品やTVコマーシャルを彩っています。
高木さんのご自宅兼スタジオがあるのは、兵庫県の山間部の村。聴く人のイマジネーションをかきたてるような美しい作品が生み出されているその場所で、制作活動と暮らしとの関係や、音楽に対する思いなどを伺いました。

昔ながらの文化を持つ土地に憧れ
山奥の村での暮らしをスタート。

京都駅から車で西に向かっておよそ1時間半。山に囲まれた小さな村に建つ古民家が、高木さんのご自宅です。かつては養蚕に使われていた離れの1階が、レコーディング設備を備えたスタジオ。3面が大きな窓で、グランドピアノと数台のシンセサイザーが設置されています。そしていたるところに、さまざまな形状をした世界各地の楽器たち……。

高木さんが、それまでずっと暮らしていた亀岡市から引っ越し、ここを活動の拠点にしたのは、2013年夏のことです。
「小学生から住んでいた亀岡市の新興住宅地は京都のベッドタウンで、新しくつくられた町だったので、そのエリアには文化や歴史がないんです。神社もお寺もないので、もちろんお祭もありません。そのことに中学高校で他のエリアとの交流が増えると少しずつ気づいていって。だからずっと“いつかは、ちゃんと古くからの文化や祭がある場所に住んでみたいなぁ”という、漠然とした憧れを抱いていました」

ご自宅やスタジオの中には、アフリカ、中東、アジアなど世界各地の民族楽器(打楽器、笛、弦楽器……などなど)がいっぱい。

スタジオとして使っているのは、かつて蚕小屋だった離れ。広々として気持ちのよい空間です。

高木さんは2000年代初頭から、国内外でのCDリリース、美術館での展覧会、世界各地でのコンサートなど多様な活動を展開し、各分野のファンや評論家から高く評価されていました。そんな彼が、より多くの人々に知られるきっかけとなったのが「おおかみこどもの雨と雪」。花という女性と“おおかみおとこ”の出会いから、恋愛、結婚、雨と雪という二人の“おおかみこども”の出産、子育て、子どもたちの自立までの13年間を描いた作品です。優しく繊細で温かみのあるピアノを基調に、高木さんが紡ぎ出す美しく色鮮やかな音楽が、スクリーンに映し出される雄大な自然や登場人物たちの細やかな心の動きを、より印象的なものにしています。

念願かなってこの村に移り住んできた当時、ここには10数軒ほどしか家がなく、住民の多くが80歳以上の高齢者。誰もが顔見知りのこの小さな村で、高木さんは近所付き合いや畑仕事など、これまで経験する機会のなかったことに次々挑戦していきました。すると、音楽への向き合い方にも変化が訪れたといいます。
「若かった頃は、部屋の観葉植物の元気がなくなると、特に何も考えずに“これがいいらしい”とアンプル状の栄養剤を土に挿すこともありました。でも引っ越して自分で畑を始めてみると、植物の成長と肥料の関係といった根本的なことがわかってきました。土の中で行われていることが前よりも分かるようになった。そうしてピアノの前に帰ってくると“なるほど、畑で土に触れてわかったことは、ピアノで表現するとこういうことなのか”と、自分の中で置き換えられたんです。ひとつのことを自分の身体を使って深く知る、それが出来ると他にも応用できることがぐっと増えます。例えば、うちの家にはアフリカの楽器もたくさんありますが、こういう楽器を作った彼らはもちろん音楽だけをしていたわけではなく、日々の暮らしの中でたくさんの仕事をしていたはずなんです。きちんと自然に触れて自然と共に生きた身体でないと、ああいう素晴らしい音楽は生まれてこないと思います。
世界中を旅して、その場所で生まれたいろいろな音楽を聴いてきました。日本でも幼い頃から祭囃子を浴びて育った人や、大学で専門的に音楽を勉強した人の身体には音楽づくりの“根拠”みたいなものが染み付いている。それが自分にはないことにちょっとしたコンプレックスを抱いていたのですが、この場所で暮らし始めたことで、音楽づくりに対する僕なりの“根拠”が育ってきたような気がします」

堂々たるつくりの母屋。「正確にはわからないのですが、築100年は越えていると思います。」

門扉を開けると、豊かな自然に抱かれたスタジオが見えてきます。

スタジオ入り口の棚に並ぶのは、日本全国の民謡の楽譜や解説を掲載した書物。

母屋の屋根裏。上からトタンを被せているため、外からはわかりませんが、実は立派な茅葺屋根です。

都会のビル街に
自然がもたらす変化はいらない?!

仕事のために村と都会を行き来するようになって、気づいたのは「情報量の違い」だと高木さんは言います。
「よく“都会は情報で溢れている”と言われますし、僕も以前はそう思っていました。でも、村での暮らしを知った今、都会は情報がすごく限られていると感じます。もっと言えば、情報を限りたいという“都会の意思”を感じる。たとえば、新しいビルが1つ建つと、周囲の地面にはタイルが敷き詰められて、植物が生えているのは限られたエリアだけ。しかも特定の持ち込まれた植物だけが大事に育てられて、それ以外の草が生えるとすぐに抜かれてしまう。虫などの生き物も住みようがない。そういう都会の景色には“変化を起こしたくない”という意思を感じます。都会から離れて自然が多い田舎で暮らしていると、毎週のように生き物はどんどん更新されるので音を聞いているだけで飽きません。季節が細やかに移ろって行くので365日すべて違う景色を味わえます。そういう多様な美しさに合わせて、ピアノで弾きたい音楽も、できあがる音楽も自ずと変化していきます。僕らが受け取ることのできる情報量は、都会よりも田舎の方がずっとずっと多いと感じています」

この村を拠点にして映画やCMのための音楽制作を精力的に行う一方、高木さんは2017年春からご自宅のスタジオで自然と対話しながらの音楽づくりも続けています。
後編では、このピアノによる“音日記”のようなプロジェクト「マージナリア」について伺います。お楽しみに。

※プレイボタンを押すと、曲が流れます(音量にご注意ください)

2019年6月9日 「ツキ(月)ヒ(日)ホシ(星)ホイホイホイ」 サンコウチョウでしょうか。朝目覚めたら歌っていたのでそのまま一緒に。

高木家の敷地は、裏山などを含めた約二万平米。取材に伺ったのは、ちょうど夏野菜が終わった時期で、数日前に白菜と大根の種をまいたそうです。

アフリカで購入した人型のカリンバ。金属のパーツを親指で弾いて音を出します。「ギターやピアノなど西洋の楽器って、音が観客に向かって飛んでいくでしょ? アフリカの楽器は、弾いている人自身がいちばんいい音を聴ける構造になっています。」

高木 正勝
Takagi Masakatsu

1979年、京都生まれ。2013年より兵庫県在住。ピアノを用いた音楽と、世界を旅しながら撮影して制作する映像の両方を手掛ける作家。国内外でのCDやDVDリリース、美術館での展覧会や世界各地でのコンサート、映画・CMの音楽など多様な活動を展開。2009年、Newsweek日本版で“世界が尊敬する日本人100人”の1人に選ばれた。
これまで手がけた主な映画音楽は、細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」、「バケモノの子」、「未来のミライ」、スタジオジブリを描いたドキュメンタリー「夢と狂気の王国」。最新作は、自然を招き入れたピアノ曲集「マージナリア II」(ワーナーミュージック・ジャパン)、エッセイ集『こといづ』(木楽舎)。

公式webサイト >