雑木林の中に佇む住まい。
その提案は驚きの連続でした。

奥様:
大きな窓の向こうには豊かな木々の木漏れ日。家族一緒に眺めを楽しみながら食事をしたり、くつろいだり。この眺めが毎日をとても贅沢なものにしてくれます。

ご主人:
新築前は勤務地近くの賃貸マンションに住んでいましたが、いずれは妻の両親が所有する敷地内に戸建てを、と考えていました。二人とも木造志向で、木の魅力が活かされている清々しい家というイメージがあり、展示場で見たシャーウッドはまさにぴったりでした。

奥様:
でも、当初、私たちは敷地内の別の場所に新築しようと考えていたんです。ここは大木もあり、父が好きで育ててきた椿も群生して、雑木林のようになっていて。本当にここに家が建つのか想像できなかったです。

原田(設計):
広大な敷地の中で、お二人が予定されていたのはご実家の母屋に近いところでしたが、土地を拝見した時、雑木林だったこの場所を見て、それらの木々を活かしながら森の中に建物を配置するというプランが、よりお二人のイメージに沿うのではと考えてご提案しました。建物だけでなく庭も含む環境が、これからも良い影響を与えるよう想いを巡らせました。

大空間のLDKは、外にも内にも木の温もりがいっぱい。