阪神デザインオフィスのご紹介

「いい家をつくりたい」
その情熱を一緒に叶えたい

Designer

近藤 康貴

Yasutaka Kondo

Case Example 実例のご紹介

Interview インタビュー

徹底的にお客様に寄り添い
共感しながら作り上げる家

ずっと設計をしていましたが、数年前から営業として、初めて積水ハウスに触れるお客様ともお会いしています。展示場に来てはみたけど、まだ家づくりは数年先……とお考えの方も多いですよね。そういった方々にまず土地を探すときに気を付けるべき法規的なリスクや造成費用など、細かい点までアドバイスできることや、すぐにラフプランの提案ができるのでミスマッチが起こらないことが大きなメリットになっていると思っています。私自身、白紙の状態からお客様とイメージを共有していけるのが面白いですね。

人となりを知り
本音で提案していく

お客様とお話しする際に心がけているのは、アピールばかりにならないこと。イメージ喚起のために「おうちde教室」に行ったり写真を見ていただいたりしますが、どんなことに興味があるのか、ご夫婦共働きなのか、家族の関係性はどんな形なのか、その人の人となりを理解したいと思っています。お客様を知ることは、お互いの関係性を作ることでもあります。しっかり信頼し合えたら私も「この方がいいと思います」と本音でおすすめできるので、より喜んでいただける家を作っていけると思いますね。

家づくりは
工夫するから面白い
悩むときも二人三脚で

実は、私は小さな家ほど工夫のしがいがあって面白いとも思っているところがあります。大きさより何より「いい家を創りたい」という強いこだわりをお持ちのお客様と作っていくことが楽しくて仕方がないんです。以前はお客様と一緒にウッドデッキを一緒に貼ったこともありました(笑)大変でしたけど、愛着が増したと喜んでいただけたので良いんです。イメージに合うものを日本中、世界中から探して、費用との兼ね合いで悩んで……という過程をお客様と一緒に楽しんでいきたい。家づくりに強い想いのある方と、二人三脚の住まいづくりをしていきたいと思います。

Profile プロフィール

住まい 西宮市
保有資格 一級建築士
趣味 釣り、ロードバイク