阪神デザインオフィスのご紹介

自宅で実験した結果で
リアリティあるアドバイス

Designer

藤本 貴史

Takashi Fujimoto

Case Example 実例のご紹介

Interview インタビュー

最初に出会う建築士として
家づくりの面白さを
伝えたい

入社後ずっと設計士をしていましたが、数年前から営業としてフロントに立っています。普通設計は契約いただいてからお客様とお話ししますが、私たちは最初から会える。法規的なお悩みにもその場でお答えできますし、その場でラフプランを描くこともできるので「すぐに答えが欲しい」という方にはうってつけ。
また、ただ何となく展示場に遊びに来られた方にスイッチが入ってインテリアに開眼したり、どんどん凝ったプランに興味を持たれていく過程を傍で見られるのは嬉しいですね。家づくりにはいろいろな価値観があることを知っていただく役割も果たせればと思います。

良いものだと思うなら
自分も建てていなければ

実は私の自宅も積水ハウスで建てています。「藤本さんの家は積水ハウスなんですか?」と聞かれたときに「はい」って言いたくて(笑)その方が説得力があって、提案したことにも納得していただきやすいでしょう?そしてどうせ建てるなら、設計のセオリーが本当かどうかたくさん実験しようと……。北西向きの土地なのに南側一面を壁にして、吹き抜けからの採光だけにしてみたり、天井高を低くして居心地の良さを確かめてみたり。実際に生活している様子もご案内できますので、ぜひ見学に来ていただきたいです。

満足できなければ意味がない。じっくり納得の住まいを追求

お客様とお話しする内容はいつも雑談に近いようなことばかりなのですが、その中で口には出さない好みまでを深く読み取り、ご本人も気づいていなかった要望も叶えるのが設計の仕事の肝だと考えています。デザイン室では建築士の資格を持つ私が営業を務めることで、実質お客様には二人の設計担当が付くような形になります。複数の目と経験があることで、より幅広いご提案ができるようになりました。営業、設計、立場が何であっても、予想以上の満足を与えられる家を創りたいという気持ちは同じです。家はリフレッシュして、明日の活力を創る場所。私が関わるからには家を建てて幸せになっていただきたい、その一心です。

Profile プロフィール

住まい 神戸市
保有資格 一級建築士
趣味 釣り