サイトマップ

空間に広がりを生む、
採光をデザインした家。

東京都東村山市 2世帯

敷地面積
136.24㎡(約41.21坪)
延床面積
102.08㎡(約30.87坪)
間取り
4LDK+小屋裏
家族構成
ご主人・奥さま・お子さま・お母さま
構造
鉄骨2階建て
竣工
2015年10月

住宅メーカーを選ぶ際に、ご主人は建物の構造部分を、奥さまは担当スタッフとの関係性を重視して決められたT様。住み始めて2年が経過した現在も「失敗はなかった」とおっしゃるその住まいづくりについてお話を伺いました。

お母さまがお住まいだった、
奥さまのご実家を建て替え。

住まいづくりの
きっかけは何ですか?

私たち家族はもともと母とは別に暮らしていましたが、父が亡くなり、母がひとりで生活するのは心配もあったので「みんなで一緒に」というのがきっかけでした。建物自体も古くなっていたので、それなら建て替えようと。私たちが住んでいた家は、築10年くらいの戸建て住宅だったんですが、その家は積和不動産で売却して、こちらに引っ越してきました。

心地よい風が抜ける日当たりの良いリビング。左手の窓は「積水ハウスの打ち合わせ室にあって、部屋が広く明るく感じた」というスリットサッシを参考に採用されました。
リビングのこの壁を挟んだ向こう側に、お母さまのお部屋を計画。将来的に介護が必要になったときのことを考慮し、様子を見守りやすいようにと、この壁は構造上取り外せるよう設計されています。

設計力と営業スタッフとの
“相性”を重視して、メーカー選び。

積水ハウスに決めた理由は?

当初3社の住宅メーカーと比較検討していました。積水ハウスさんがうちに来てくれたときに「こういう感じの家にしたい」と伝えたら、その場で図面に起こしてくれたんですが、それがすごく素敵だったんですよね。私たちが思っている以上の図面というか。「ここはこうしたほうがもっと良いですよ」というのも取り入れてくれていて、そこで気持ちが動きました。あとは担当の方との相性のようなものを大事にして選びたいと思っていたので、営業の奥野さんとの出会いも大きかったですね。

大開口サッシによる開放感抜群のリビングからは、フルフラットでウッドデッキへ。コーナー部に設けたFIXサッシは、「あるとないとでは明るさも違うし、空間も広く見せられる」と奥さま。

好みやイメージを共有してもらい、スムーズに打ち合わせ。

打ち合わせはいかがでしたか?

打ち合わせをしていて、いちばんラクだなと感じたのが「こんな風にしたい」というこちらのイメージを、設計やインテリアコーディネーターの方が分かってくれていたということです。私が好きな色づかいも最初の1、2回目くらいの打ち合わせで感じ取ってくれたんですよね。なので提案してくださる色やデザインがピッタリなんです。いろんな種類のものをたくさん見せられるわけじゃないので、すごく選びやすかったですし、一つひとつ決めていくのも早かったですね。

ご家族の女性全員が背が小さいというT様が選んだキッチンは、3つのコンロが手前に横一列に並んだタイプ。カップボードやワークトップ、換気扇を白で統一して空間を広く見せる工夫も。

外観へのこだわりは?

外観には白のダインコンクリート外壁を選びました。白は汚れやすいと思っていたし、ベタッとしたイメージだったので最初は敬遠していたんですけど、「住まいの夢工場」に行って“水の力で汚れが落ちる”という実験を見させてもらって、「本当だ、これなら大丈夫だね」って。実際にその場で外壁も何種類か見たんですが、ちょうどその時夕方でダインコンクリートの外観に西日が当たって、きらきらして綺麗だったんですよね。それがとても印象的でこの外壁に決めました。

シャープな片流れ屋根と、重厚なダインコンクリート外壁が目を引く存在感ある佇まい。屋根には大容量の太陽光発電システムを搭載し、蓄電池と合わせて災害時への安心を備えられています。

“失敗のない”家づくりの
秘訣は、
確かな住品質と
信頼できるスタッフ。

実際に住んでみて
いかがですか?

外の音は窓を閉めているとまったく入ってこないです。逆に家の中で犬が吠えようが何しようが、外に聞こえない。本当に大雨降っていても気づかないからびっくりしますよね、「えっ、雨降ってるの!?」みたいな(笑)。でもそういうところが本当に快適です。2階の音も下にほとんど聞こえてこないです。2階のオーディオのスピーカーから音楽を流していても、1階でテレビを観るのに全然気にならないですね。

ご主人の趣味であるオーディオも、建て替え後は音漏れや生活音を気にせず、ストレスなく楽しめるようになったそう。今回新しいスピーカーを購入され、現在納品待ちとのこと。
モノを出しっ放しで置きたくないというご要望から、壁一面の大きなクローゼットを設置。内部に収納することで空間をスッキリと見せられるうえ、隣の娘さんのお部屋との防音対策としても有効。
明るい木の色でまとめた娘さんのお部屋は、家具の配置を考えて窓の位置にもこだわりを。主寝室と同様、隣室との壁際にクローゼットを設け、防音性に配慮しました。

夏は涼しく冬は暖かい家のおかげで、冷暖房があまり必要ないんです。冬も床暖房ですぐ室内が暖まって、1時間ほどつけておくともう暑くなってくるので電源を切ってしまうくらい。一度暖かくなるとなかなか冷めないですね。夏場も窓を開けておくと風通しが良くて気持ちがいいし、冷房をつけて少し経ったら消してしまっても、そのまま涼しくて、部屋の気温が大きく変化することがないです。

カタログで見て惹かれたという2階トイレのスリットサッシ。窓の位置を中央からあえてずらすことで、高い意匠性と明かり採りの効果を兼ね備えています。

担当営業の対応は
いかがでしたか?

こちらから「こういうのってどうなんだろう?」って質問すると、例えばその場で営業の奥野さんが判断できなかったとしても、設計士さんとかに聞いて、その日の午後とか、数時間後にはすぐ返事をくれるんですよ。対応がものすごく早い。それに“ダメなものはダメ”とちゃんと言ってくれる。こちらが「こうしたほうがいいかな」と思っていても、「それはもったいないから、しなくていいですよ」と、そういうことも教えてくださるんですよね。どうしようか悩んでいるときは、メリットとデメリットを比較して見せてくれて、すごく助かりました。だからうちは失敗がないんだと思います。

荷物を上げ下げするときの利便性を考えて、梯子ではなく階段で小屋裏に上がれる仕様を希望されていました。階段の幅や1段ごとの高さ、手すりの設置など、安全性にも配慮しています。
奥野 昴太

営業VOICE

営業/奥野 昴太

「こういう家にしたい」とイメージしたものを、パソコンで作成されていたご主人さま。打ち合わせの時に本のような形にしてお持ちくださり、楽しくスムーズにお話させていただきました。現在も公私ともに仲良くさせていただき大変感謝しています。

この物件の担当営業に問い合わせる
  • 住まいの〈無料〉プランニング 世界でひとつの邸宅ご提案します。
  • 積水ハウスのカタログを差し上げます。
  • 住まいづくりのどんな事でもメールでお問い合わせください。
PAGETOP