サイトマップ

都市の暮らしを抱擁する、
暖炉という癒し。

駐車場として活用していた敷地に、賃貸・店舗併用の4階建て二世帯のお住まいを計画。3・4階を住居スペースとしてプランニングし、「暖炉やワインセラー、バーベキューができる庭のある家」というオーナーさまの夢を、すべて実現しました。メインとなる3階LDKを中心に、東西に2層吹き抜けのコートを設けることで、街中にも関わらずグランピングを楽しむことができ、住まいの中にも光と風をふんだんに取り込みます。癒しを求めたデザインは外観や外構計画にも貫かれ、外壁タイルのオレンジとシンボルツリーの緑が映える彩りある表情が、道行く人の目も楽しませます。

この設計士に相談する
平郡 利幸TOSHIYUKI HEGURI

やわらかな暖炉の炎にくつろぐ空間

東側のコートにつながるダイニングに設置した本格的な薪の暖炉は、海外生活を経験したオーナーさまのこだわり。
暖炉の背後には高窓を設け、空の景色を切り取りました。

陽光と風を感じる
もうひとつのリビング

3階LDKにつながる吹き抜けコートは周囲からの視線も届かず、プライベートなアウトドアリビングとして満喫できます。

本と音楽に囲まれた愉悦の時間

南北に大きな開口を確保した、明るく開放的な4階の書斎。
オーナーさま愛用のチェアとオットマン、オーディオを配し、上質なくつろぎをもたらしています。

この街の新たな景観として

外壁は、やわらかくも彫りの深い印象を魅せる、強靭なシェルテックウールを採用。建物に斜め45度の変化を加え、オレンジのアクセントタイルとエゴノキをはじめとする豊かな植栽が、街並みへ印象深い景観を描きます。

TOP