サイトマップ

華やかさをまとう、
「もてなし」と「くつろぎ」の
デザイン。

ご友人がたくさんいらっしゃる社交的なオーナーさまご夫婦。週末ともなると、お客さまをご招待してホームパーティーを楽しまれるといいます。そんな、オーナーさまが住まわれる邸宅にふさわしいものとして、コンセプトに掲げたのは「もてなし」と「くつろぎ」。各居室は可能な限り広く、ゆとりも美しさもスケール大きくデザインしました。もともとお持ちになられていたシャンデリアやイタリア製の家具の配置にもこだわり、吹き抜けのあるエントランスホールやリビングを兼ねた応接間など、やわらかに包み込むやさしさの中に、凛とした気高さを漂わせます。

この設計士に相談する
望月 雅貴MASAKI MOCHIZUKI

高揚感と共に誘うエントランス

シャンデリアやアクセントウォールが印象的なエントランスホールは、2層吹き抜けの開放感あふれる空間。住まう方を、訪れる方を優雅に迎えます。

隅々に至るまで主の美意識を体現

お客さまをもてなす大空間の応接間は、ご家族がくつろぐリビングとしても使用。
落ち着いた色彩と格調高いインテリアが、居心地の良さを深めています。

五感を満たす洗練の食空間

奥にバーコーナーを設け、大人数でのパーティーにも対応できるダイニング・キッチン。
大きなテーブルを囲んで、華やかな時間をお楽しみいただけます。

TOP