サイトマップ

想いを受け継ぎ、
新たな象徴となる邸宅。

代々、大切に住み継いできた邸宅を建て替えるにあたり、求められたのは、オーナーさまの生活スタイルと、本家としての役割を継承しながら、より使いやすくあること。そこで、「日常」「本家」「おもてなし」を軸にした3つの生活パターンから和室の使い方や動線を考慮し、ご家族の雰囲気に合わせながらプランを構築。そして、オーナーさまの思い入れある風景が広がる敷地南側に対し、建物を大胆にひらく設計で、美しい景色を室内に取り込みました。その一方、道路側は閉じる計画としましたが、周囲に威圧感を与えないよう下屋をまわすことで建物の高さを抑え、悠然とした佇まいを描いています。

この設計士に相談する
藤原 傑SUGURU FUJIWARA

住まう人を物語る不動の風格

重厚感あふれるダインコンクリート外壁と長く伸びる下屋のフォルムが、堂々たる邸宅感を創出。
ゆったりと2台並列できるビルトインガレージも実現しています。

大人数のおもてなしにも対応

節目ごとにご親族をお招きするため、大人数での会合の流れを考慮して、仏間のある和室と客間を短くつなぎ、スムーズな動線を確保しています。

くつろぎを深める開放感の彩り

大きな吹き抜けと大開口から、明るさと開放感が広がるリビング。ご家族のお好みでモダンな内装に仕上げています。

機能美を凝縮したデザイン

照明も含め、スタイリッシュにコーディネートしたダイニング・キッチン。
背後にはロングカウンターの収納を備え、機能性を高めています。

TOP