サイトマップ

景色を取り込み、
雄大な自然に寄り添う。

目指したのは、美しい景色を暮らしの中に取り込むこと。圧倒的なロケーションを阻害しない、自然環境になじむ別荘の提案です。その地は、雄大な八ヶ岳を望む、緑に囲まれた別荘地。オーナーさまの希望は、その八ヶ岳へと開かれる間取りでした。外構・外装には天然石を積極的に採用。秋の落葉、冬の積雪に配慮し、深い軒やアルコーブなどを設けるなど、自然に溶け込み、自然と共存できるよう心をくばっています。また、内装については、築炉した暖炉のイメージをオーナーさまと共有化し、リビング・ダイニングのセンターに、石貼りの暖炉を計画しました。

この設計士に相談する
松本 健一KENICHI MATSUMOTO

自然素材が生きる美しいフォルム

2階のボリュームを抑え、北側に対する抜けを確保することで、大邸宅でありながらも周辺へと与える圧迫感を軽減。
石積みの端正な外装が、豊かな自然環境に調和します。

光と陰が交差するエントランス

正面に設えたピクチャーウインドウが印象的な、開放感あふれる玄関。
踏み板が浮遊するかのように見える階段は、ベンチと同じデザインでモダンに仕上げました。

木や石、炎のあたたかみと共に

石貼りの暖炉を中心に、スキップダウンしたリビング・ダイニング。フローリングや壁面など落ち着いた内装が、くつろぎの時間を豊かに演出します。

折々の季節に出逢う私空間

窓越しに八ヶ岳の四季がうつろうベッドルーム。
まるで一幅の絵画のような景観をインテリアに、おだやかな私時間が過ぎていきます。

幻想的な景観が深めるくつろぎ

重心の低いリビングは自然と一体化する心地よさを生み、静謐な夜の風景、暖炉の揺らめく炎が、家族の語らいをやさしく包みます。

TOP