サイトマップ

Vol.13 ビエナ相模原展示場 自然の中へ広がってゆく Vol.13 ビエナ相模原展示場 自然の中へ広がってゆく

親世帯、子世帯それぞれの個性も、
ライフスタイルも考えた3階建てモデルハウスです。

親世帯ダイニング
お孫さんとの会話を楽しめる親世帯のオープンキッチン。
子世帯ダイニングの写真
スカイブルーとナチュラルな家具で北欧風に演出した子世帯ダイニング。
サニタリーの写真
キッチンから洗面所を抜けて奥のバルコニーへ。考え抜いた家事動線。

強度に優れた独自の構法による
重量鉄骨3階建ての二世帯住宅。

二世帯家族向けのモデルハウス「ビエナ相模原展示場」は、高度な設計自由度を誇る積水ハウス独自の重量鉄骨「βシステム構法」による3階建て。1階から3階まで通し柱がいらない構法なので、各階ごとに柱の位置も天井高も変えることができます。さらに梁勝ち構造を活かした最大2.5mのオーバーハングも可能で、当展示場の軒先深いテラスも実現できました。また、彫りの深い美しいテクスチャーが魅力のオリジナルの新世代外壁「シェルテックウォール」も、当展示場の特長です。

大開口で自然とつながる
非日常の心地よさを堪能するリビング。

1階は親世帯のフロア。玄関には、家族専用の上がり口としても利用できるシューズクロークを設計しました。見どころは大開口からテラスへとつながる「スローリビング」で、「窓が大きくて開放的!」とお客さまにも好評です。もう一つ評判がよいのは、廊下へと通り抜けできるリビングクローク。収納力が抜群で動線もよく「ぜひ採用したい」と奥さまに喜ばれています。若い子世帯のフロアとは印象を変えた、ダークトーンで落ち着いた雰囲気のインテリアも、ぜひご覧いただきたいポイントです。

リビングの写真
優れた設計自由度で吹抜けとコーナーサッシを実現。光があふれる子世帯のリビング。
寝室の写真
天井近くの窓から柔らかく朝陽がこぼれる、ゆったりした雰囲気の寝室。
WCの写真
広々としたWICで、共働き夫婦の朝の身支度もスムーズに。

高い設計自由度で実現した
柱のないのびやかな大空間2階リビング。

子世帯のフロアは2階と3階に設計。1階のオーバーハングを活用したリビングは、ちょうどテラスの上に位置しており、高い設計力を活かしたコーナーサッシと吹抜けから差し込む光で、明るく開放的な空間となっています。奥さまに人気なのは、柱のない大きなLDK空間をゆるやかに仕切る、ダイニングとリビングの間に設けたファミリーカウンター。キッチンで家事、ダイニングで宿題を、リビングでゆったりとくつろぐなど、家族がそれぞれに好きなことをしながら、お互いの気配をほどよく感じられる距離感をお確かめください。

共働きの子世帯家族が、
快適に時間を過ごす工夫が満載。

当展示場では、共働きファミリーをサポートする積水ハウスのプラン提案「トモイエ」も随所に盛り込みました。例えば、キッチンからサニタリーへ抜ける動線。移動距離が短縮されて、家事の効率が上がります。また、3階の主寝室とWIC、ホールは回遊できるので朝の身支度もスムーズに。生活のこまごました作業を徹底的に考えた動線の工夫が、仕事と家事の両立を助けて心にゆとりを生み出します。世代の異なる二世帯家族の個性を活かし、プランニングの工夫がたっぷり詰まった「ビエナ相模原展示場」で、ぜひその暮らしやすさをご体感ください。

ビエナ相模原展示場
スタッフからのごあいさつ

限られた敷地の中でご家族のさまざまな「夢」を叶えることができる、通し柱のいらないフレキシブル3階建ての展示場です。空や風を感じられて趣味スペースも満載の、各世帯満足プランによる二世帯家族の住まいをご覧いただけます。ご来場を心よりお待ちしております。

一覧へ戻る

展示場Information

ビエナ相模原展示場
■重量鉄骨3階建て
■商品名/ビエナ
■延床面積/296.70u(89.75坪)
■1階床面積/101.08u
■2階床面積/105.26u
■3階床面積/84.70u

いつでも気軽にオンラインで。