1. 戸建トップ
  2.  > 家造りの技術
  3.  > 住宅性能表示制度

住宅性能表示制度

住宅性能表示制度は新築住宅の性能の共通の表示基準です。

あらゆる工法の住宅に共通の性能表示基準を定めた「住宅性能表示制度」は、品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の柱の一つ。お住まいの性能が共通の基準で検討でき、登録住宅性能評価機関により客観的に確認・評価されます。また、制度を利用された住宅については、万一のトラブルにも紛争処理機関が円滑かつ迅速に対応することになっています。この制度は任意制度であり、ご利用についてはお客さまの選択となります。

「住宅性能表示制度」の10項目 「住宅性能表示制度」では、住まいの”安全・安心・快適”の基本となる、10項目の基準を設けています。

  • 耐震性・耐風性・耐雪性
  • 耐久性
  • メンテナンス
  • 断熱性・省エネルギー性
  • 防耐火性・避難経路
  • 健康・化学物質対策
  • 採光対策
  • 遮音性
  • 生活配慮・加齢配慮
  • 防犯対策

性能表示制度に基づく積水ハウスの対応 積水ハウスは「いつもいまが快適」な住まいをご提供するために、気候風土や敷地条件、ライフスタイルなども考慮し、お客様と対話をしながら「トータルバランスに優れた住まい」を実現していきます。積水ハウスの戸建住宅は、構法別に下記の対応基準を設けています。詳しくは、最寄の営業所に直接ご相談ください。

住宅性能表示制度を利用される場合の、出会いからお引き渡しまで。各項目ごとに定められた基準通りに対策が講じられているかについて、登録住宅性能評価機関により「設計図書の審査」及び「現場検査」が行われ、確認・評価されます。基準に合致していれば、それぞれ「設計住宅性能評価書」「建設住宅性能評価書」が交付されます。