積水ハウスでは、ホルムアルデヒドを含む5つの化学物質に対して独自の厳しい基準を設定した「空気環境配慮仕様 エアキス」をご用意。大人よりも空気環境の影響を受けやすい子どもを基準に考えた換気と建材で、ご家族の健康に配慮します。

空気環境の改善と健康増進についてのシンポジウムを開催しました。 2007年以降、積水ハウスは千葉大学の「ケミレスタウンプロジェクト」に参加。その成果として空気環境配慮仕様「エアキス」を発表しました。そして2016年6月、WHOのカルロス・ドーラ氏を招き、室内空気環境シンポジウム「空気環境の改善と健康増進〜子ども達の未来に私たちができること〜」を開催しました。 レポートを読む