DYNE CONCRETE

外壁材の性能を追求した最高峰の「ダインコンクリート」

外壁が火に強いのはもちろん、台風時の飛来物への強さ、
雨・湿気に対する耐久性など、日本特有の気候風土に対する高い性能も重要です。
そして、街の財産となる豊かな表情や気品のあるデザイン性もまた、
住まいには欠かせない要素です。
積水ハウスの最高級外壁「ダインコンクリート」は、
デザイン性を兼ね備え、さらに、外壁材に求められる
耐久性・耐火性などあらゆる要素を、すべて高い次元でクリアします。

強く、美しく、そして永く。「街の財産」にもなる。

一般に住宅の外壁材として使用される鉄筋コンクリート「RC」は、強度に優れ、燃えない特徴があります。しかし、無機質な表情、品質管理上などの問題もありました。その弱点の克服を目指して開発されたのがダインコンクリートです。ダインコンクリートは、当社オリジナルの配合と製法で、高強度・高耐久の性能とともに、既存のコンクリートでは難しかった温もりのある表情や緻密なテクスチャーなど、美しいデザイン性も実現しています。

ダインコンクリート 開発者 1976年入社。1990年に広島設計部でISシリーズの開発に携わる。2004年商品開発部長。06年設計本部長。12年に取締役。設計・技術開発・施工担当技術本部長。現在に至る。

この外壁は日本の住まいの常識への挑戦でもありました。

大事なことは、お客さまのニーズに丁寧に応えること。これは創業以来、全社員の中で受け継がれています。人の手の温もりという贅沢を「ダインコンクリート」を通して感じてもらえたなら、開発に携わった者として、これほど喜ばしいことはないと思っています。

ひとつのデザインが住宅業界の流れを変えた。

プレハブ住宅の歴史の中で、「ダインコンクリート」出現前と後とでは大きく変わったと思います。従来にない質感、表情を追求する時代に突入していき、そこから現在至るまでに、各社がオリジナルな外壁パターンを模索するデザインの時代になったといえます。

外壁のメンテナンスサイクルを大幅に延長した「タフクリア−30」

新築時の美しさを長期にわたって保ちつづけます。
将来的なメンテナンスコストの低減を可能にしました。

外壁の塗り替えサイクル30年。費用をかけずに、長く美しさを保ちます。

従来の外壁の塗り替えの目安は約15年。それに対して「タフクリア-30」を施した外壁の塗り替えサイクルは約2倍の30年。自然のチカラで汚れを洗い流す最先端の防汚塗装を施し、目地材も、最新技術の導入により、打ち替えサイクルを30年に延長。従来30年間で2回必要だった塗り替えと目地の打ち替えが1回で済むため、メンテナンス費用も手間も大幅に削減できます。

高耐候塗装+防汚塗装+高耐久目地。3つの高性能化によりメンテナンスフリーを実現。

外壁の耐候性を高めるよう、4重の塗装を実施。中でも、「高耐候クリア塗装」は太陽の紫外線や熱による色あせを極めて少なくし、高い耐候性を実現します。目地材も、最新技術により柔らかさと弾力性を保つことに成功し、樹脂の高耐久化を実現。さらに、汚れを付きにくく、付いた汚れは自然に洗い流す防汚塗装をはじめ、藻やカビの繁殖まで抑える高機能な防汚塗装を用意するなど、長期にわたって外壁のメンテナンスフリーを実現します。