積水ハウスは、“夏は遮熱、冬は断熱”という考え方を基本に、各地域の気候風土などの特性に配慮した遮熱・断熱対策を行っています。各部位に適材適所の断熱対策を行い、「次世代省エネルギー基準」を全地域、標準仕様でクリアし、品確法・性能表示制度の省エネルギー対策「等級4」にも対応しています。また、単に基準値をクリアするだけでなく、壁・床・天井の小さな熱の出入りまでを細かくチェック。断熱材を隙間なく連続させた独自の「ぐるりん断熱」によって、室内の温度ムラが少ない快適な家を実現しました。数値や基準に表れにくい部分からも、暮らしの心地よさを高めるのが、積水ハウスの断熱性向上への取り組み姿勢です。

熱の通り道になりやすい柱部も断熱材で覆い、わずかな熱の出入りも防ぎます。

根太の間だけでなく、根太の下にも断熱材を施工し、床全体を隙間なく包み込みます。

断熱材を敷き詰めにくい梁の下にも専用の断熱材を充填し、天井を覆います。

夏の遮熱に威力を発揮する「遮熱断熱・防犯合わせガラス」と、冬に結露をおさえる「エアタイト断熱アルミサッシ」の採用により、窓の断熱性能を大幅に強化しています。