SHAWOOD TECHNOLOGY

国産材で建てるシャーウッド〜日本の森から〜

国産材で建てるシャーウッド〜日本の森から〜

日本は、森の国。面積の約66%が森林(森林・林業白書平成22年より)という世界有数の森林国です。森が生活の原点であり、その恵みと共生してきた日本には、檜、杉など良質な銘木がたくさん育てられています。シャーウッドではこうした高品質な国産材を構造材としてご用意しています。

日本の森

いま日本では戦後植林された多くの杉や檜が伐採期を迎えています。木を使うことは、森の新しいサイクルをスタートさせ、森林を元気にすること。こだわりの家造りが日本の森づくりにもつながります。

  • 国産材 1
  • 国産材 2
  • 国産材 3
  • 国産材 1

北は北海道から、南は九州まで、各地の銘木をラインナップしています。

地元の材で家を建てる。

地元の材で家を建てる。

甲州檜樹林/山梨県

国産材の選定にあたりこだわったのは、強度・品質ともに優れた材。梁には強度の強い檜やカラマツを使用。また柱は、お住まいの地域に近い産地で育った地域ブランドを使用する本物志向で、木曽檜、吉野檜、美作杉、秋田杉、吉野杉など、地域に応じてお選びいただけます。
地元の木で建てたい。そんな願いにお応えできるよう、産地とネットワークを結び、供給体制を強化しています。

ブランド国産柱産地

木の持つ強さを、さらに強く。

木の持つ強さを、さらに強く。

国産材であっても、集成材を使うのがシャーウッドのこだわり。ブランド檜4寸角の構造集成材は、標準北欧材にも遜色のない強さです。柱と梁は求められる強度が違い、それぞれに適した樹種があるため、シャーウッドでは柱用/梁用に材を使い分けて集成材にしています。
柱や梁の一本一本にこめたシャーウッドの強度と品質への想いは、国産材にも活かされています。