SHAWOOD TECHNOLOGY

自然とつながる豊かさ

シャーウッドの空間と技術

ファミリー スイートがつくる空間の魅力

木の住まいを、自由で幸福感にあふれる家族の空間にする、シャーウッドの「ファミリー スイート」。それは、家族それぞれが思い思いの場所でくつろぎながら、お互いのつながりを感じながら過ごす、仕切りのないひとつの大きな空間です。そのゆたかなくつろぎは室内だけにとどまらず、開放的な「クリアビューデザイン」によって、戸外の自然へとひろがります。
自由に、わが家らしく。大空間の室内も、深い軒下も、戸外の自然も、すべてが家族のしあわせを包む場所になる。家族だんらんの時間を大事にしながら、それぞれの自分時間も、友人と過ごす時間も、自由に楽しめる住まいを提案します。

開発者が語る、シャーウッドテクノロジー
「人に寄り添うデザイン」

開発者が語る、シャーウッドテクノロジー
「人に寄り添うデザイン」

心地よさは科学的に検証されています

当社の総合住宅研究所では実際に実物大の空間で実験を行い、リビングの居心地を研究しています。戸外の自然とつながることにより、心地よいと感じる場所が広範囲に広がる効果を科学的に検証しました。

室内で心地よいと感じる居場所

心地よいと感じる場所が部屋の奥まで広範囲に変化

一般的なリビング / 自然とのつながりを高めた空間
総合住宅研究所(2009年)

また、大空間と自然のつながりの相乗効果による、疲労回復効果も確認しています。日々の疲れをいやし、すこやかな暮らしを実現します。

疲労度合いが疲労付加前の状態に回復

疲労度合いが疲労付加前の状態に回復

「ファミリー スイート」の空間づくりを支える技術

開発者が語る、シャーウッドテクノロジー
「木造住宅の魅力」

開発者が語る、シャーウッドテクノロジー
「木造住宅の魅力」

家族のしあわせな木の大空間「ファミリー スイート」の空間づくりを支えるシャーウッドの技術。1995年の誕生以来、シャーウッドが目指してきたのは、さまざまなくらし方に柔軟に対応しながら、いざという時の安心も備えた「強さと自由の両立」と、日本の自然環境を考慮した「風土に適した住まい」。木造住宅に鉄骨住宅のノウハウをもとにした科学的な視点を取り入れることで、新しい技術を生み出し、性能を進化させてきました。

モノコック構造+ラーメン構造=シャーウッドハイブリッド構造

「ファミリー スイート」の特徴である、余分な柱のない伸びやかですっきりとした大空間の実現は独自の「シャーウッドハイブリッド構造」によるもの。強い耐力壁で地震などの力などによる変形を抑える「モノコック構造」をベースに、開口部を大きくとれる「ラーメン構造」の長所を融合したこのオリジナル構造によって、室内・深い軒下・戸外の自然が美しくつながっているのです。

  • 基礎ダイレクトジョイント

    基礎ダイレクトジョイント

  • MJ(メタルジョイント)接合システム

    MJ(メタルジョイント)接合システム

  • 高強度耐力壁

    高強度耐力壁

さらに、その構造を実現するための技術「シャーウッド構法」の強さは、「MJ(メタルジョイント)接合システム」、「基礎ダイレクトジョイント」、「高強度耐力壁」という技術によって実現されています。このように、いくつもの技術が重なることで、シャーウッドは美しく・くらしやすく・ワクワクする・しあわせな毎日をおくる空間を提供しています。