シャーウッドclub 木の家と、暮らしを愉しむwebサイト

シャーウッドクラブトップページへ シャーウッドブランドページへ

2017.03.16

vol.041
都心に近い住宅街での暮らしを叶えた3階建て。2階・3階での暮らしは、想像以上の光と、風と、空と、開放感に満ちた、この上ない毎日でした。 商品 シャーウッド マキシオ 敷地面積/117.93u 1F/66.50u 2F/68.50u 3F/49.47u 延床面積/184.47u  取材日 2016年12月25日

嬉しいのは、子どもが楽しそうに家中を走り回っていること。

大塚:
新築を決断したきっかけは長女の誕生で、家づくりの基本においたのは、家族でした。ですから家を持ってよかったと思えるのは、なんといっても、子どもが自由に楽しそうに家中を走り回っているのを見ることですね。

奥様:
とくに家族が集まるLDKにはこだわりましたね。ウチは主人の帰宅が遅いので、在宅時にはできるだけ家族一緒に過ごしたいという思いが強くて。LDKは家族との距離感、近くに顔が見え、会話ができることを大切にしました。

大塚:
LDKって、L→D→Kと一直線に配置されるのが多いんで すが、それだとキッチンとダイニングは近いけどリビングが 遠くなるでしょ?それが嫌だったんです。それで、そのLと DとKの場所のバランスをいろいろと考えて、キッチンを南 側において、3つの居場所が三角形に繋がる、このレイアウ トを見つけたんです。キッチンとリビングの横には大きなバ ルコニーを設け、大開口で繋げているので、L・D・Kどこ にいても視線が遮られず、妻が家事、僕が食事、子どもが宿 題とそれぞれが違う場所で違うことをしていても、顔を見な がら言葉が交わせる。この関係がいいんですよ。

奥様:
あと、3階建てということでLDKは2階に設けているんですけど、そのメリットを活かそうと、キッチン部にも大きな窓をつけました。バルコニーに繋がる大開口と合わせて、朝食をつくるときも朝日がたっぷり降り注いで、明るく気持ちいいんです。「さあ、新しい一日の始まり!」と家族みんなが元気に、明るくなりますね。
それと、どこにいてもバルコニーから外に視線が繋がるので、開放感がすごい。都心に近い住宅地でこんなに伸びやかに暮らせるとは、ちょっと感動ですよ。

大塚:
バルコニーの広さにもこだわりました。リビングと同じくらいの広さがある。ただ出るだけの場所ではなく、そこで過ごせる空間にしたかったんです。実は僕のお気に入りの場所です。風呂上りのビール、最高ですよ。ここで飲むコーヒーもおいしい。コーヒーは好きが高じて本格的に習いましたから、自分で淹れてます。夏には子供用プールを置いて遊ばせたりしています。1階と違って往来からの視線を気にすることもないので、安心ですね。

 

竹田(設計担当)
フルフラットバルコニーはサッシの跨ぎ高がなく、室内の床とバルコニーの高さを揃えているので、外なのに隣の部屋に移る感覚で動線が繋がります。また、LDKの天井とバルコニーの軒裏の高さも同様に揃えることで、伸びやかな一体感も実現。バルコニーの広さ自体も、居心地の良さだけでなく、居室が奥まるので往来からの視線を遠ざけるというメリットがあります。

 

「ただいま」の後、サッと着替えて
団らんに加われる。その距離感もいい。

奥様:
そんなLDKですが、実はもうひとつ大きな自慢が(笑)。北側にウォークインクローゼットを設けて、着替えもできる小上がりの和室を作りました。

大塚:
普通ウォークインクローゼットって寝室に作るじゃないですか。でもウチは寝室や子ども部屋が3階にあるので、夜遅く帰ってきて眠っている子どもたちを気遣いながら着替えをして、また2階のLDKや浴室へ下りるという行動パターンになる。だったら、クローゼットを2階に設け、隣接して着替えもできる部屋があれば解決できるねと。たまに早く帰ってきて、まだ子どもが起きてLDKで遊んでいるときも、「ただいま」と言って、LDKの横でサッと着替えて家族の団らんに加われる。その距離感も気に入ってます。

奥様:
子どもにとってもゴロゴロしながら絵本を読んだり、格好の遊び場になってます。また洗濯スペースとも近く、洗濯物をたたんだりアイロンがけしたりするのも便利なんですよ。授乳やおむつ交換なども人目を気にせずにできるので、来客時などは本当に助かります。

大塚:
それと、この小上がりには、ウォークインクローゼットの反対側にも大きな収納スペースを設けてあるんです。リビングのすぐ近くにたっぷりとした収納があるので、これは妻の整理整頓のおかげでもあるんですが(笑)、いつもスッキリ、キレイに暮らせています。

奥様:
こんなに窓がたくさんあって光も風もあふれる家ができたんですから、キレイに暮らしたいですよね(笑)。収納は3階の和室や各部屋にも大きめのスペースのものをとっているんですが、3階建てはそうした空間の使い方にもゆとりができて、いいですね。暮らしが楽しめるといいますか…。
壁も白を基調にしてますが、単調になりすぎないよう、階段の2階正面や3階のトイレなどにカラフルで楽しいウォールステッカーを貼ったり、家族写真を飾ったりして、楽しんでます。

続きはシャーウッドclubでお楽しみください