コンテンツインフォメーション
  納得工房施設紹介 住まいづくり情報 セミナー・イベント サイトマップ

HOME > 住まいづくり情報 > みどり香る暮らし > 育成日記「葉の付き方を知って美しいカーテンをつくる」

つくってみよう!みどりのカーテン育成日記
葉の付き方を知って美しいカーテンをつくる

「みにがうり」や「ころたん(ミニメロン)」など順調に育っていますが、
中でも「カボチャ(なゆた)」は葉が大きく旺盛なので、一番カーテンらしくなってきています。

「みにがうり」と「ラリーノ(ミニキュウリ)」と「カボチャ(なゆた)」は
それぞれ葉の付き方が異なります。そのためカーテンの様子も違ってきます。

<葉の付き方の特徴を知って、美しいカーテンを作りましょう>
「みにがうり」・・ある程度誘引すれば自らネットに沿うように巻き付きます。
「ラリーノ」・・親ヅルが真っすぐ伸びるので、高い位置の日陰作りは得意です。
「カボチャ」・・誘引作業を続けないと、ネットに上手く巻き付きません。


「カボチャ(なゆた)」の葉は、大きくて太陽の方向に葉を向けるので、日射遮蔽効果があります。
雌花の元に、早くも小さなカボチャが確認できます。

「ラリーノ(ミニキュウリ)」「ミニトマト」は成長が早いので、もう収穫時期です。

見てください。こんな立派なものが収穫できましたよ!

こちらも参考に「わくわく育て方ガイド」

畑さんに聞いてみよう!

BACK