コンテンツインフォメーション
  納得工房施設紹介 住まいづくり情報 セミナー・イベント サイトマップ

HOME > 住まいづくり情報 > みどり香る暮らし > 育成日記「植付け2週間後の観察」

つくってみよう!みどりのカーテン育成日記
植付け2週間後の観察

苗の植付けから2週間が経ちました。苗たちも根付いたようです。

「みにがうり」「ラリーノ(ミニキュウリ)」「ころたん(ミニメロン)などもツルを伸ばし始めました。

特に「みにがうり」は成長が良いので、親ヅルの先端を切り、子ヅルの成長を促進させます。
この作業を摘芯(てきしん)と言います。摘芯を行うことで、カーテンが密になり美しく育ちます。

ウリ科の植物に付きやすいウリハムシが発生しています。
「ころたん」の葉を食べてしまうので退治します。

ミニトマトやラリーノ(ミニキュウリ)には実が付き始めています。

こちらも参考に「ネットの取り付け」編、「美しいカーテンをつくるには」編。

畑さんに聞いてみよう!

BACK