コンテンツインフォメーション
  納得工房施設紹介 住まいづくり情報 セミナー・イベント サイトマップ

HOME > 住まいづくり情報 > ガーデン情報 > Vol.193 シュウカイドウ

ガーデン情報

Vol.193

BACK バックナンバー

シュウカイドウ

シュウカイドウ

〜里の秋を告げる花〜
寒さに強く戸外で越冬できるため、湿度の保たれている路傍などで見かけることがあります。 名の由来は、春に咲くバラ科のカイドウ(ハナカイドウ)に似て、秋に咲くところから「シュウカイドウ(秋海棠)」と言われています。

シュウカイドウ 葉の形は、ハート型で左右非対称となっています。 葉や茎にシュウ酸を含む毒草ですが、殺菌作用があるので、生の葉を刻むと、皮膚病などに効果があります。

【こうして管理】
高木の下の半日陰のような環境が適地で、やや湿った場所を好みます。 夏の直射日光や西日を避けて管理をします。 日陰にも湿潤にも強いので和風庭園やシェードガーデンによく用いられます。