木のやさしさに包まれる家

オーナーさまこだわりのモダンな住空間

以前はアパートに住まわれていたオーナーさま。奥さまのご実家が石巻にあり、お近くでの新築を計画されていました。複数の会社で住まいづくりを検討される中、積水ハウスは敷地に対して建物全体をずらしたプランをご提案。それをご主人に気に入っていただき、積水ハウスでの建築となりました。この「建物をずらす」というプランは、外観に変化を与えると同時に、隣家からの視線を遮りながら通風や採光の確保にも配慮したものです。
奥さまの使い勝手を しっかり考えたキッチン周り。
住空間の特長の一つは、自然素材の表情を活かした、あたたかな印象のダイニングキッチン。対面型のキッチンですが、手元が見えない高さのカウンターを設けて、生活感を出さないように配慮しました。木調を生かしたインテリアは、奥さまのセレクトによるものです。また、ダイニングの一角には、横幅のあるカウンターデスクを配置。子どもが寝静まった後でも使えるパソコンスペースとして、家計簿を付けるちょっとした家事コーナーとしてなど便利に使えます。「窓の外の景色を見ながら気分転換できますね」と、奥さまもお気に入りのごようすでした。

イメージ

イメージ

暮らしやすさの工夫を随所に活かしたプラン
リビングに隣接する畳コーナーは、家事をしたり、客間として使ったりと多彩に使える空間。今はお子さまの遊び場として活用されています。今後は、畳コーナーの窓の外側に植栽を施して、坪庭のようにしたいとのお話でした。また、2階には家族で共有する約4.5畳の多目的ホールを設計。上部が吹抜けとなっており、さらに階段で上がれるロフトを設けました。ホールはバルコニーと連結しており、雨の日でも洗濯物が干せる場所として重宝しているそうです。暮らしやすさと遊び心にあふれた住まいで、親子の暮らしを楽しまれているオーナーさまでした。

イメージ

DATA

建築地住所:宮城県石巻市
ご家族構成:ご主人・奥さま・お子さま1人
商品名:ビー・モード
敷地面積:387.45u
延床面積:127.04u

ARCHITECT

Architect

高柳 雅弘
Masahiro Takayanagi
生まれ年
1977年生まれ
保有資格
一級建築士
出身地
神奈川県茅ケ崎市
趣味
旅行・読書
座右の銘
創意工夫