薪ストーブがある平屋の家

夫婦の時間がゆっくりと流れる場所

以前はマンションにお住まいだったオーナーさまご夫婦。閑静な住宅街への住み替えを検討されて、仙台市西部の自然豊かなエリアでの建築を決められました。新しいお住まいへのご要望は、ご夫婦二人での生活がしやすい「平屋」であること。積水ハウスの東北工場にある平屋のモデルハウスを気に入られたことも、きっかけの一つでした。
薪ストーブのある暮らしを モデルハウスで体感。
東北工場のモデルハウスでは、薪ストーブの炎を囲んで静かな時間に癒される暮らしにご主人が一目惚れ。「薪ストーブを入れたい」というオーナーさまのご要望を出発点に、間取りのプランニングは始まりました。また、建築地が南東角地だったため、外からの視線に配慮することも設計をするうえでは重要なポイントとなりました。

イメージ

イメージ

コンパクトながら使いやすい 家事動線を考えたプラン。
結果、間取りは薪ストーブを置いたリビングが和室とつながる3LDKに。コンパクトながらも家事動線にも配慮した、動きやすく使い勝手のよい住まいとなりました。また、リビングの大開口では、高低差の少ない南側道路からの視線を格子でカット。窓際に置かれた思い出の詰まった椅子に座り、薪ストーブのそばで読書を楽しむ時間がオーナーさまのお気に入りとのことです。

イメージ

ゆらめく本物の炎が くつろぎの時間を演出。
オーナーさまにとって、薪ストーブをご自宅で使うのは初めてのこと。実際に火を入れていただくと、本物の炎が持つ力強さ、安心感、やすらぎを感じられる空間が広がります。「薪ストーブ初心者なので手探り状態だが、材料集めや薪割りなど、手間がかかるのも楽しみのうち」とおっしゃるオーナーさま。ご夫婦二人の平屋暮らしを、ゆったりと楽しまれているごようすでした。

DATA

建築地住所:宮城県仙台市
ご家族構成:ご主人・奥さま
商品名:イズ・ロイエ
敷地面積:263.19u
延床面積:115.94u

ARCHITECT

Architect

高柳 雅弘
Masahiro Takayanagi
生まれ年
1977年生まれ
保有資格
一級建築士
出身地
神奈川県茅ケ崎市
趣味
旅行・読書
座右の銘
創意工夫