知っておきたい住宅の優遇制度 | 仙台支店 | 宮城県 | 積水ハウス

知っておきたい住宅の優遇制度

購入前に知っておきたい、さまざまな優遇制度や金利

確定申告で税金が戻ってくる、住宅ローン控除や、一定の条件を満たせば普及されるすまい給付金。その他知っておきたい情報が満載です。戸建の購入をご検討されている方は必見です。

各種優遇制度を知る

住宅取得時に各種税金や住宅ローンの各種優遇制度を活用すると「コスト」を大きく軽減することができます。

  • <住宅ローン減税>最大500万円
    税金が戻る減税制度

    住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。

  • <すまい給付金>収入や持ち分に応じて
    30万円までを給付

    すまい給付金は、自分が住む住宅を取得した人に対して現金が支払われる制度です。新築住宅を取得する場合に、各々の要件を満たせば住宅ローンを利用する場合も現金で取得する場合も対象となります。

  • <贈与税の非課税枠>住宅資金の贈与なら、
    非課税枠も

    親や祖父母から住宅購入のために資金贈与を受けた場合「最大1,200万円」まで贈与税が非課税になる「住宅取得等資金贈与の非課税」という制度を利用できます。

  • <住宅ストック循環支援事業>エコ住宅の建て替えで
    最大50万円を補助

    今お住まいの住宅(耐震性を有しない)から自己居住用の住宅としてエコ住宅に建て替えると最大で50万円の補助金が交付される制度です。補助額は建替え後の住宅における性能レベルに応じて30万円、40万円、50万円のいずれかとなっています。

住宅ローンの金利を知る

住宅ローンの借入や返済も含めた住宅購入のための資金計画を考えていきます。住宅ローンには大きく3つの金利タイプがありますので、しっかりと比較して考えましょう。

  • 全期間固定金利

    毎月の返済額が借入時に決まるので、計画的な返済が可能な金利タイプです。

    全期間固定金利型

    借入時確定金利が最終
    支払いまで続く。

  • 変動金利

    低金利が続けば支払い総額を少なく抑えられる場合もある金利タイプです。

    変動金利型

    その時々の金融情勢に応じて、
    金利を決定。

  • 固定金利期間選択

    固定金利特約期間の金利は、全期間固定金利型よりも低い設定の金利タイプです。

    固定金利期間選択型

    この間、固定金利期間を選択

POINT 1他債務に注意!

住宅ローンの契約前には、金融機関による審査が行われます。しかしこの時、申込者が過去にクレジットカードやクルマのローンなどの支払いで延滞などをしていることがわかった場合、住宅ローンの審査に通らないことがあります。ご相談ください。

POINT 2健康状態が契約に影響?

ほぼすべての金融機関で住宅ローンを組む際に義務づけられている、「団体信用生命保険」への加入。これは、返済中に死亡または所定の高度障害となった場合に、保険会社がローン残高を支払うものです。ただし、生命保険に入れなければ加入できないため、健康状態によってはローンを組めない場合もあります。

お問い合わせはこちら

pagetop