住宅展示場のご案内

住宅展示場のご案内 … 体験レポートを見る

住宅展示場体験レポート005:明石海岸通り「ビー・ダインズ」展示場
 
  “休日を愉しむ家”という愛称を持ち、開放的な空間とやすらぎの時間を大切に計画されたのが、明石海岸通りのビー・ダインズ展示場。暮らしを愉しむ様々な工夫はもちろん、万一の災害時には家族をしっかりと守る防災設備を搭載するなど、見どころ満載の展示場です。  
窓と風景の関係がとても大切なんだって、すごく実感しました。
今回のレポーター・Hさんは、わが家のイメージを膨らませるために、時々ご家族でモデルハウス見学に出掛けられているとのこと。海辺に建つ今回の展示場では素敵な眺めに感動され、窓とまわりの環境との関係を考えるきっかけにもなったようです。  
 
 
 
思わず感動!海の見えるキッチン
 
  キッチンに立つと正面が大きな窓で、その向こうに海が見えるんです。こんなキッチンって、はじめてで思わず感動!。ここならお料理の味付けはもちろん、盛りつけもオシャレにこだわりたくなりますね。  
 
  うしろの収納もたっぷりで、ふだんはすっきりと目隠しできるのが素敵。
    カウンターも広々として使いやすそう。
あとは自慢の腕をふるうだけ!

 
 
 
  リゾートホテルのようなパウダールーム&バルコニー
    寝室のすぐ横にシャワーとパウダールームがあって、バルコニーにもつながっているんです。明るくて開放的なんだけど、自分だけの場所っていう感じが素敵。ここなら気持ち良くくつろぎながら、もっとキレイになっていけるんです、きっと。  
 
   
 
 
 
ふだんにも万一の時にも役立つ防災の工夫
防災設備って聞くと万一の時に備えておくイメージが強かったのですが、説明を伺って毎日の暮らしにも役立つことにナットク。エコロジーでエコノミーなところもお気に入りです。  
 
  ふだんは省エネができて、災害時に電気がストップしても安心なのが太陽光発電。屋根にすっきりと納まっていて“いかにも”っていう感じがしないのも好印象です。
ふだんにも万一の時にも役立つ防災の工夫  
    ふだんにも万一の時にも役立つ防災の工夫  
    非常時の水や食料を確保しておくストックシェルターは、キッチンパントリーと兼用。ネットを付けておくことで、地震でモノが飛び出すのを防止します。   雨水タンクは毎日の庭の水やりに使えて節水に効果的。いざという時には生活用水として役立ちます。  
           
 
 
 
   
 
ウィンドウ・マジック!窓にいろんな秘密が・・・
海辺ならではの眺めには感動しましたが、実際に建てるのはまったく違った場所だから…。そんな疑問を消し去るアイデアが、いろんな窓にありました。どんなロケーションでも工夫次第で素敵なシーンが創れそうで、また夢が大きく膨らみました。  
 
  あえて低い位置に設けた和室の窓。隣家が迫っていても小スペースで緑豊かな眺めが創りだせる工夫です。   横に長〜い窓のように見えますが、実は半分だけ。カーテンを幅広くすることで生まれる視覚的効果!  
         
 
階段ホールには吹抜けいっぱいの縦長の窓があり、伸びやかさと明るさがたっぷり。木目の壁とのコントラストも素敵でした。
 
大きな窓を設けながらデッキ越しに緑をたっぷりと設けて、通りからの視線をカット。潤いのある眺めとプライバシーを両立させる工夫です。
 
  「5本の樹」という生きものに役立つ緑が植えられていて、この日も本当に野鳥が来ていました。
 
         
 
 
 
 
今回、レポートしていただいたHさん。以前から興味のあった展示場で過ごした数時間は、いろいろな発見であっという間に過ぎていったそうです。
STARTをクリックすると、Hさんの感想がお聞きいただけます。
 
明石海岸通り「ビー・ダインズ」展示場へのアクセスは