住宅展示場のご案内

住宅展示場のご案内 … 体験レポートを見る

住宅展示場体験レポート001:たまプラーザ「シャーウッド」展示場
 
開放感と落ち着きのある家。木の温もりが安心感をくれました。
今回のレポーター・Hさんは、今のお住まいでも「木」を生かしたインテリアを心がけているそう。今年4月29日にオープンしたばかりのたまプラーザシャーウッド展示場でシャーウッドの木造住宅に触れ、よりいっそう、木に対する思いが深まったようです。
 
 
 
  1階の和室は、モダンなテイストが床の間などに取り入れられ、こちらも明るく開放的な雰囲気。日向ぼっこをしながらのんびり過ごせそうです。  
広々とした空間でゆったり、のんびり。
玄関を入ってまず驚いたのが、その広いスペース! リビング、ダイニングとつながっていく空間は、とても開放感がありました。天井が高く、ところどころに「和」を感じさせるデザインがほどこされているからか、自然と気持ちが安らいでいくのを感じました。
光にあふれ、爽快になれるキッチン&リビング
2階に上がってまたまたビックリ。1階とはガラリと印象が違う真っ白なリビングと、明るい色のタイルやオープンキッチンに目を奪われました。落ち着く1階では両親やお客様とのんびり過ごして、2階では子どもたちと一緒に明るく元気に……なんて、ここで毎日を楽しく過ごす様子を、思わず想像してしまいました。
ガラス扉の間仕切りがとってもオシャレ。部屋を区切っても圧迫感を感じさせないのもいいですよね。
システムキッチンは、両側から引き出せる機能的なデザイン。オープンスタイルだから、家族で一緒に楽しみながらお料理が作れそうです。
天井を見上げてみると・・・
今回、モデルハウスを見学して、天井の大切さを実感しました。なにげなく見上げると、部屋ごとに高さが違っていたり、ハリがめぐらせてあったり。それぞれに細かなこだわりがあって楽しめました。
屋根勾配を利用したロフトのある部屋は、子ども部屋に最適です。天井に近い空間は、まるで秘密の隠れ家みたい。
落ち着いて統一感があるのに、単調な印象を受けないのはなぜ…? と考えていたら、場所ごとに、いろいろな色や材質の木が用いられていることに気づきました。木を上手に取り入れると、家に温かみが生まれ、さらにデザインや色の変化でさまざまな表情ができることも知って、嬉しくなりました。
 
今回、レポートしていただいたHさん。以前から興味のあった展示場で過ごした数時間は、いろいろな発見であっという間に過ぎていったそうです。
STARTをクリックすると、Hさんの感想がお聞きいただけます。
 
たまプラーザ「シャーウッド」展示場へのアクセスは