賢い収納スタイルで、自然体で暮らす家。お気に入り追加

収納

▲あえて北側に配置し、落ち着いた寛ぎ感が増したリビング。やわらかい光の中、お気に入りのビンテージファを置いて。

「収納はたっぷり、使いやすく」「生活動線はシンプルに」。暮らしやすさにこだわった結果、一般的なプランとは逆に、南側にキッチン・北側にリビングを配置し、家事に忙しいママがいつも家族の気配を感じられる間取りに。徹底して考え抜かれ、隠された収納スタイルには、なるほど!のアイデアがいっぱい。シンプルで動きやすい室内での住み心地は想像以上とのこと。「全てがしっくりときて自然体で暮らせます」。

▲明るい日の入るインナーコートと面したDKで、気持ちよく食事。

▲ダイニングとつながるデッキは、床の高さを揃えて室内の延長のように。お子さんが遊んでいても目が届く。

▲南側に配されたキッチン。背後の5枚引き戸の壁面収納は、閉めると1枚の壁となる。

▲リビング横にクローゼット、向かい側に脱衣・洗濯スペース。2階の寝室まで行かずに帰宅後すぐ寛げる。

pagetop

  • お客さま情報保護方針
  • 弊社ウェブサイト利用上のご留意事項